Department of Psychology, Keio University

List of publications

Thesis titles are shown in the original Japanese.

Year 2005

Graduation thesis

Watanabe Laboratory

Koji Toda
報酬の時間的予測に関わる神経基盤
~ハトのmedial striatum 損傷の効果~
Noriko Kondo
ハシブトガラス(Corvus macrorhynchos)における鳴き声による個体弁別

Masuda Laboratory

Keiko Miura
美的配置についての実験的考察
~2対象を立体的に配置する場合~

Sakagami Laboratory

Mio Yamaguchi
単一間隔とリズミックタッピングへのDAFによる妨害環境の影響

Itoh Laboratory

Tomoko Oya
スクリプトに基づくストーリーの記憶における感情の効果
Yurie Takashima
一般常識課題及び目撃記憶課題における個人内と個人間のC-A 相関
Haruna Tanaka
顔の記憶における処理方法の操作の効果
~符号化時・検索時の処理方法の操作による言語隠蔽効果の検討~
Akina Toi
目撃証言における話し合いと同調
~記憶強度の違いによる警告の効果と同調程度の差-話し合いの分析から-~
Satomi Matsuda
目撃記憶の想起時におけるイメージ使用が正答率・誤答率に及ぼす影響
Masahiro Maeda
リスク認知における分析的方略と経験的方略
~意思決定での情動作用~

Kojima Laboratory

Hakubun So
不快な情動とモラル判断における脳反応
Yoshie Ito
視覚フィードバックの遅延時における自己認知について
~近赤外線分光法を用いた研究~
Kaoru Amemiya
音楽に対する情動「ゾクゾク」の自己評定と生理的指標に関する研究
Takatomo Yamato
前頭葉内側部における注意の方向性と脳反応
Takahiko Yoshimoto
イメージと脳機能についてNIRS を用いて:視覚・聴覚
Akiko Kosaka
近赤外分光法による4コマ漫画、動画を用いたユーモアに関する研究
Shuichi Izawa
性格傾向と前頭前野の脳活動の相関について

Yamamoto Laboratory

Yuko Omae
学習障害児の英語の書字学習の評価と指導
Yukiko Takase
乳児による語彙パターン及びメロディーの認知
Naoki Shibuya
セルフ・モニタリング、流暢性訓練を用いた数学指導
~学習障害児の事例研究~
Kumiko Yamamoto
アスペルガー症候群の児童における社会的な文脈理解
Yumiko Harada
乳幼児における音声と動作の関係
~言語発達過程で見られる音声と動作の同期~
Yuriko Kitai
自閉症児の視線理解に効果を及ぼす要因の検討
Naoko Kikuchi
乳児におけるBiological Motion知覚

Master’s thesis

Masuda Laboratory

Hironori Terachi
視知覚における運動対象の体制化
~2対象の軌道の形とそのまとまりについて~

Sakagami Laboratory

Yosuke Hachiga
連検定を基準とした分化強化手続き
~ラットの2レバーオペラント事態における系列依存性/独立性の検討~
Shohei Maeda
ニアミスの強化機能をめぐって
~反応潜時、選択行動、変化抵抗を測度とした検討~

Itoh Laboratory

Miho Nagumo
Iconic Bootstrapping 動詞語意学習における擬態語の役割

Kojima Laboratory

Teruo Hashimoto
擬音語の処理の神経機構

Yamamoto Laboratory

Kumiko Yokoyama
自閉症児における初期言語行動獲得と機能化に関する臨床発達心理学研究
page top