Department of Psychology, Keio University

List of publications

Thesis titles are shown in the original Japanese.

Year 2007

Graduation thesis

Watanabe Laboratory

Yu Enomoto
共感性を伴う拘束ストレスが嫌悪学習の消去想起へ及ぼす影響
Misako Ohara
ブンチョウ(Padda oryzivora)は同種他個体の交尾を好んで見るか
Yuki Kurihara
ニホンザルの道具使用

Masuda Laboratory

Kyoko Ishida
聴覚情報により誘導される自己運動感覚に関する実験的検討
Koki Ono
運動事態における知覚体制化
―Uniform connectedness要因における「線」の役割―
Saeko Hashimoto
触覚印象の実験現象学的アプローチ
~能動触・受動触における健常者と視覚障害者の比較を通して~

Sakagami Laboratory

Yumiko Mori
写真が誘発する情動反応がFR遂行に与える影響
Sho Otaki
ハトの相対的数弁別~強化/非強化のパラダイムからの脱却~
Saeri Kitaura
ヒトにおける並立連鎖スケジュールを用いた先延ばし行動の実験的検討
Haruka Takeshita
ラットにおける自由接近事態での反応パターンと相互依存型スケジュールがもたらす制約
Ayako Hitomi
異なる反応型を用いたresurgenceの分析
Yoko Yonehara
二者択一課題でのヒトのfallacy傾向に対する随伴性操作効果の検討

Itoh Laboratory

Hiroto Nishihara
求刑と考慮時間が量刑判断に与える影響
Asami Kitamura
Morphingを用いた顔刺激の判別実験
Nana Satsukawa
情動的ストレスが記憶に及ぼす影響における、スキーマに対する項目の一貫性の効果
Yukari Taki
再生における目的の違いが記憶に与える影響について
Keiko Naruto
フラッシュバルブメモリーの誘導における性格特性の影響
Hiroshi Miura
ブランド名を用いたRevelation effectの検討
―「知っていた」を創り出す誤記憶の応用可能性―
Aya Muto
目撃証言における話し合いと同調
―記憶強度の強弱による同調の程度、警告の効果の差について―

Kojima Laboratory

Yuko Haruyama
方言の音認知に関する脳内活動のNIRSによる検討
Kaeko Yoshimitsu
日本版IFEEL Picturesの神経生理学的根拠を探る

Yamamoto Laboratory

Tetsuo Kinoshita
発達障害児の理解と表出
Hiroko Saito
健常児におけるリズム同期行動の発達について
Yoshiko Hara
1歳から3歳児の援助行動の特徴と意図理解
Emari Hoshino
会話にみる発達障害児のコミュニケーション能力
Hana Tanaka
書字場面における発達障害児の特徴

Master’s thesis

Watanabe Laboratory

Noriko Kondo
Vocal individual discrimination in Japanese jungle crows(Corvus macrorhynchos) 
(ハシブトガラスにおける音声個体弁別)

Itoh Laboratory

Kyoko Hine
顔認知における全体的情報と部分的情報の利用可能性と接近可能性
‐課題状況による影響の検討

Kojima Laboratory

Kaoru Amemiya
Effects of motor imagery on bilateral transfer: A behavioral and NIRS study

Yamamoto Laboratory

Naoko Kikuchi
発達障害児における言語理解・表出の機能化と般化
page top