Department of Psychology, Keio University

List of publications

Thesis titles are shown in the original Japanese.

Year 2012

Graduation thesis

Watanabe Laboratory

Shu Imamura
ポリプテルスの実験系確立と社会性について
Misa Endo
ハトのイメージングシステムを探る
~自然刺激を用いた俯瞰視点による心的回転実験~
Saori Kawai
ICRマウスにおけるストレスの社会的修飾 ―体温を指標として―
Akihiro Shinbo
β2mKOマウスの空間認知

Masuda Laboratory

Moe Aoki
連続呈示される音におけるまとまりと長さの知覚
Madoka Innami
自然場面における円の大きさ知覚

Sakagami Laboratory

Shiori Sora
異なる順序で等しい成分スケジュールが現れる2選択肢間での選択行動
新しい自己制御場面の創出のために

Itoh Laboratory

Yuki Akasaka
裁判員の判断における感情的情報と感情制御の影響
Miki Yokota
広告に対する評価と記憶へ及ぼす音楽の効果

Yamamoto Laboratory

Jigyon Kan
韓国語学習における見本あわせ課題手続きと刺激ペアリング課題手続きとの学習効果の比較
Chihiro Kadoya
Visual Perception Patterns during viewing of point-lights and natural human faces
Kyoko Koenuma
iPadによる即時ビデオフィードバックを用いた高機能自閉症児の行動修正
Hikaru Terasawa
日本語児における英単語の読みと意味の獲得過程
Rio Watanabe
感情表現の違いにおける感情認知の発達

Umeda Laboratory

Nanako Ochiai
サイコパス人格特性における操作性と共感性
~脳波を用いた検討~
Risa Kashiwagi
情動による胃電位変化と内受容感覚に関する研究
Riko Sato
共感覚の発生原因 ―共感覚的経験と個人特性の関係―
Yumika Sano
愛想笑い傾向と性格特性による微細表情の検出
Koki Tsuji
視線手がかり効果に及ぼす表情とパーソナリティ傾向の影響
Saiko Tochizawa
展望記憶の想起手がかり呈示による心拍の上昇
―心理的緊張と内受容感覚―

Kawabata Laboratory

Sae Shinoda
絶対音感の有無による音程および メロディ知覚方略の違いの検討
Ryo Tachibana
Misdirectionを用いた視覚的注意の検討
Reina Hashimoto
評価条件付けを用いた色の選好形成過程の検討
Natsuki Morooka
絵画鑑賞の方法が心理的ストレスに及ぼす影響

Master’s thesis

Watanabe Laboratory

Tsukasa Kakitani
コモンマーモセットとラットにおける音声を用いた個体弁別学習
Masaki Kanai
The role of vision in tool manipulation of Large-billed Crows

Masuda Laboratory

Sayuri Kan
明るさ誘導と知覚された構造との関係
-Adelson,Bressan仮説の実験的検討-

Itoh Laboratory

Keisuke Eto
Impact of Core Self-Evaluations on In-role and Extra-role Performance: Challenge and Self-Evaluation Maintenance

Umeda Laboratory

Yurie Goto
社会的な状況が自己主体感覚に及ぼす影響について

Kawabata Laboratory

Kosuke Yamamoto
遅延聴覚フィードバックへの順応手続きによる発話運動と発話知覚の時間情報処理メカニズムの検討
page top