Department of Psychology, Keio University

List of publications

Thesis titles are shown in the original Japanese.

Year 2020

Graduation thesis

Izawa Laboratory

鈴木悠大
ハシブトガラスの優劣社会交渉における他者の接近方向と逃避行動の生起との関係
水野雄輝
ハシブトガラス(Corvus macrorhynchos)のオス間における親和的関係の機能に関する検討
八谷彩
光遺伝学による海馬・嗅内皮質・外側中隔核のGABA作動性神経細胞の刺激が頭部固定マウスの時間知覚に与える影響

Umeda Laboratory

王馨怡
エピソード的未来思考におけるイメージの鮮明さと先延ばし行動の関連性
板垣希翼
マインドワンダリングの頻度および継続時間とワーキングメモリの関連性
長田日花理
否定的記憶に伴う感覚および感情の強度低減に関する実験的検討
清水悠生
アレキシサイミアの身体感覚に関する記号接地問題の観点からの検討
田中大地
反芻傾向が自己参照処理に与える影響に関する検討
山本夏子
感情がカテゴリー学習に及ぼす影響について: ワーキングメモリ容量に注目した検討

Kawabata Laboratory

髙橋有紀子
認知的ストレス課題遂行後の音楽聴取の効用の検討

Minagawa Laboratory

猪子稚菜
乳児特有の匂いが母親の養育行動や向社会行動に与える影響
上田みづか
母親のリズム運動と発声が子どもの言語発達に及ぼす影響について
菊岡遥奈
音楽経験の有無による音楽聴取時における作業記憶課題の成績と脳活動の違い
田中春奈
人見知り度及び年齢による顔注視の違い-アイカメラ研究-
松本夏野子
母子遊びにおける発話特徴・社会的行動―玩具の種類と性別の影響―
安岡綾子
前頭前野における感情反応に運動がもたらす効果と個人特性の関係 ― fNIRS 研究 ―

Yamamoto Laboratory

小島麻
幼稚園児への絵本読み聞かせにおける読み手の熟達化と幼児の年齢間の反応の相違
澤谷瑞希
小学校生活における体験の共有の分析
須藤茜
自閉スペクトラム症児の教示行動
西山優希
自閉スペクトラム症のある児童におけるオンライン場面での社会的行動
吉野美桜
微細協調運動の発達・書字による分析

Master’s thesis

鈴木結子
鳥類における能動的な発声調整能力の検証
髙橋礼実
虚記憶における気分一致効果 -記銘および想起時の気分操作による検討-
宮﨑康輔
鳥類の社会採餌における環境変動効果に関する実験的検討
盛田一孝
薬理学的操作を用いたハトの終脳内臓感覚領域についての機能解剖学的研究
page top