慶應義塾大学 心理学専攻

教員

伊澤 栄一(准教授)

専攻科目

生物心理学,動物行動学,神経行動学

私の研究紹介

生物の“心”の進化に脳構造,身体デザイン,生態がどのように結びついているかを理解するのが大きな目標です。現在は,鳥類カラスを対象に近縁種間の比較研究を進めています。多面的な切り口が得られるよう,実験室内外での行動実験・観察,神経科学実験(電気生理,免疫組織化学など),野外調査などの手法を併用しています。また,国内外の研究チームとの共同研究も進めています。
ホームページはこちら

研究室

三田研究室 B103C番(電23371)
三田キャンパスへのアクセスはこちら

主要著作・論文

Flexibility of pecking motor control to artificially extended bill in crows but not in pigeons. (Royal Society open science, 4, 2017)

Avian brains: insights from development, behaviors and evolution. (Development, Growth, & Differentiation, 59, 2017)

Adaptive bill morphology for enhanced tool manipulation in New Caledonian crows. (Scientific Reports, 6, 2016)

Sex-reversed correlation between stress levels and dominance rank in a captive non-breeder flock of crows. (Hormones and Behavior 73, 2015)

カラスの社会(動物心理学研究,61,2011)

Neural-activity mapping of memory-based dominance in the crow:neural networks integrating individual discrimination and social behaviour control. (Neuroscience, 197, 2011)

A Stereotaxic Atlas of the Brain of the Jungle Crow (Corvus macrorhynchos). Watanabe & Hofman (Eds.), Integration of Comparative Neuroanatomy and Cognition, Keio University Press, 2007)

所属学会・団体

日本動物心理学会,日本動物行動学会,日本神経科学学会,日本動物学会,日本鳥学会,日本比較生理生化学学会, Society for Neuroscience,International Ethological Congress

e-mail

izawa@flet.keio.ac.jp

ページの上部へ戻る