慶應義塾大学 心理学専攻

教員

川畑 秀明(准教授)

専攻科目

感性心理学,認知神経科学

私の研究紹介

主観性と経験価値の心理とその脳メカニズムを研究しています。主に,芸術,美,魅力,ユーザー・エクスペリエンス,デザイン,ユーザビリティ,感性教育,鑑賞行動について関心があります。ヒトの主観はあいまいで非常に影響を受けやすいものです。その影響の関係や因 果性に関する心と脳の働きを明らかにし,応用研究に活かします。
ホームページはこちら

研究室

三田研究室 B104(電23354)
三田キャンパスへのアクセスはこちら

主要著作・論文

Why am I not photogenic? Differences in face memory for the self and others.(i-Perception, 2014)

Adaptation to delayed auditory feedback induces the temporal recalibration effect in both speech perception and production.(Exp Brain Res, 2014)

Attractive faces temporally modulate visual attention.(Front Psychol, 2014)

The effects of social misdirection on magic tricks:How deceived and undeceived groups differ.(i-Perception, 2014)

「知性と感性の脳科学的基盤」『新・知性と感性の心理―認知心理学最前線』(福村出版, 2014)

I Choose,Therefore I Like:Preference for Faces Induced by Arbitrary Choice.(PLoS One, 2013)

Economic profits enhance trust, perceived integrity and memory of fairness in interpersonal judgment.(PLoS One, 2012)

『脳は美をどう感じるか―アートの脳科学』(ちくま新書, 2012)

脳活動の多変量パタン解析を用いた腕時計のデザイン評価.(電子情報通信学会論文誌D, 2011)

Temporal recalibration in vocalization induced by adaptation of delayed auditory feedback.(PLoS One, 2011)

『認知心理学』 (有斐閣, 2010)

The neural correlates of desire.(PLoS One, 2008)

『やわらかい「わたし」のつくりかた』(柏書房, 2005)

Neural correlates of beauty.(J Neurophysiol, 2004)

Connectivity perception of partly occluded gratings in 4-month-old infants.(Perception, 2001)

所属学会・団体

日本心理学会,日本基礎心理学会,電子情報通信学会

e-mail

kawabata@flet.keio.ac.jp

ページの上部へ戻る