慶應義塾大学 心理学専攻

教員

大森 貴秀(助教)

専攻科目

発達心理学

私の研究紹介

乳幼児の認知発達の研究に関心を持っています。また、乳幼児保健研究やゲーム・ギャンブルの心理研究にも関わっています。

研究室

三田研究室 B107番(電23244)
三田キャンパスへのアクセスはこちら

主要著作・論文

Yago,S.,Hirose,T.,Okamitsu,M.,Okabayashi,Y.,Hiroi,K.,Nakagawa,N.,& Omori,T.(2014).Differences and similarities between father-infant interaction and mother-infant interaction. Journal of Medical and Dental Sciences,61, 7-16

大森貴秀 (2013). ネット対応テレビ,ゲーム機が家族の居間利用に及ぼす効果 哲学(三田哲学会編),130, 149-164

Cho,Y.,Hirose,T.,Tomita,N.,Shirakawa,S.,Murase,K.,Komoto,K.,Nagayoshi, M.,Okamitsu,M.,& Omori,T.(2013).Infant mental health intervention for preterm infants in Japan:Promotions of maternal mental health, mother-infant interactions, and social support by providing continuous home visits until the corrected infant age of 12 months. Infant Mental Health Journal,34,47-59

大森貴秀 (2012). 日本の乳幼児母子相互作用の特徴 乳幼児医学・心理学研究, 21, 107-115

川村秋・寺本妙子・大森貴秀 他 (2009). 日本語版NCATS簡易版作成の試み--乳幼児健診現場における親子の関係性の理解のために 乳幼児医学・心理学研究, 18, 45-56

大森貴秀 (2008). 乳幼児精神保健介入効果の評価法 廣瀬たいこ(編著) 看護のための乳幼児精神保健入門 金剛出版 pp.142-152

大森貴秀 (2007). 育児支援研究と測定[2]:測定用具と信頼性・妥当性 小児看護, 30, 104-109

Hirose,T.,Teramoto,T.,Saitoh,S.,Takahashi,I.,Hiramatsu,M.,Okamitsu,M.,Sonobe,M.,Mikuni,K.,Omori,T.,& Shirakawa,S.(2007).Preliminary early intervention study using Nursing Child Assessment Teaching Scale in Japan. Pediatrics International,49,950-958

大森貴秀・廣瀬たいこ (2006). 育児支援研究と測定[1]:測定デザインと研究の妥当性 小児看護, 29, 1846-1851

所属学会・団体

日本心理学会,日本特殊教育学会,日本基礎心理学会,乳幼児保健学会,日本小児保健学会

e-mail

omori@flet.keio.ac.jp

ページの上部へ戻る