慶應義塾大学 心理学専攻

教員

坂上 貴之(教授)

専攻科目

実験心理学,行動分析学

私の研究紹介

行動の生成・変容・維持の諸過程の量的な解析を実験的行動分析の枠組から考えること。
坂上行動分析学ゼミのホームページはこちら

研究室

三田研究室 B105番(電23352)
三田キャンパスへのアクセスはこちら

主要著作・論文

坂上貴之(2005)反応増加の幸福と害毒―内発的動機づけ論争と反応遮断化理論.巽・宮坂・坂上・岡田・坂本編 幸福の逆説.慶應義塾大学出版会

広田・増田・坂上編著(2006)心理学が描くリスクの世界(改訂版).慶應義塾大学出版会

坂上貴之(2006)経済心理学.海保・楠見監修 心理学総合事典.朝倉書店

坂上貴之(2007)心理学と経済学の交差点.子安・西村編 経済心理学のすすめ.有斐閣

坂上貴之編著(2009)意思決定と経済の倫理学.朝倉書店

河原・坂上編著(2010)心理学の実験倫理.勁草書房

坂上貴之(2011)危険の誘惑.宮坂・岡田・坂上・坂本・巽編 リスクの誘惑.慶應義塾大学出版会

坂上貴之(2011)ある心理学方法論に見る陥穽と処方箋―「サリーとアンの問題」「裏切り者検知」「不公平嫌悪」をめぐって―

慶應義塾大学三田哲学会編,慶應義塾大学出版会

坂上貴之(2011)お金と心理学―経済心理学・行動経済学・実験経済学.日本心理学会編「心理学ワールド:50号刊行記念出版」.日本心理学会

坂上貴之(2013)強化スケジュール表記システムについての覚書.哲学,三田哲学会,130,1-40

上田恵介・岡ノ谷一夫・菊水健史・坂上貴之他編著(2013)行動生物学辞典 東京化学同人

坂上貴之(2014)「看護すること(nursing)」を支援する学としての行動分析学:随伴性のアレンジによる行動変容.看護研究,47,506-520

坂上貴之(2014)自分が引いたクジは当たっている―制御幻想実験.西條辰義・清水和己編著「実験が切り開く21世紀の社会科学」勁草書房

所属学会・団体

日本心理学会,日本基礎心理学会,日本行動分析学会,Association for Behavior Analysis

e-mail

gami@flet.keio.ac.jp

ページの上部へ戻る